競技詳細

DSC03803

エントリー部門、競技ルール、予選会の案内などregulation

エントリー部門

  • ジュニアの部
  • 一般の部
  • フリースタイルの部
  • 期日前ドリップ (フリースタイル、一般、女性)
  • エキシビション

※女性の部門は、期日前女性の部門と統合。

競技ルール

① 器具

一般の部、ジュニアの部
・ペーパーフィルタ用であれば基本すべて可(ミルはみるっこ、ナイスカットミルを使用)
・ドリップ道具は持参のこと
・水を化学変化させるキットの使用禁止
・微粉処理の器具の使用可(注1)
・ペーパーフィルター用であれば手作り器具の使用も可

フリースタイルの部
基本自由な為、各種道具の使用が可。
但し、著しい大きさの器具の使用は不可。
注1:微粉処理など許可するという意味です。但し、処理をし過ぎると良い部分も無くしてしまう為、各自で責任を於いて行ってください。

②水
委員会で用意する天然水(軟水)を使用。
注2:カルシウム分の少ない軟水を使用

③豆
・競技会で使用する豆は、厳正な審査の上決定(注3)
・フリースタイルの部・エキシビジョンの部は、使用豆を自由とする(注4)
注3:委員会が審査決定した豆は、競技会当日に発表致します。(50g)
注4:基本、豆の選定は自由ですが、一般の部・ジュニアの部で使用する大会豆も可。

④ドリップ
・1ヒート一般の部・ジュニアの部は25分以内、フリースタイルは50分以内とする。
・ドリップ方法は基本自由とする。
・ドリップ終了時間の申告(注5)
・ドリップの方法、豆の挽き目、豆のg数の申告(注6)
・審査委員会に200cc、一般審査用に200cc淹れる(注7)
・一般の部は、アンノウン方式ですが、フリースタイルの部、エキシビジョンの部は、公開形式とします。
注5:一般の部・女子の部は、アンノウン方式の為、ドリップ終了時間の差を極力無くすという意味です。
注6:ギャラリーの皆様の参考の為
注7:審査員が審査している間のドリップで、一般審査員の割り当て分をドリップするという意味です。

⑤ドリップ後
・競技者は、一般審査員用のドリップ終了後速やかに後片付けを済ませる事。

⑥キャリブレーション
・競技者は、優先的に、審査委員がドリップした珈琲を試飲できる。
・キャリブレーションドリップは、審査され、各自のドリップイメージの参考にして下さい。
・キャリブレーションは各自、午前・午後の2回行う(注8)
注8:但しキャリブレーションは、フリードリップコーナーで希望があれば、上記2回以外でも審査員が判断の上行う事が可能です。

ブランディングコーヒー杯

尚、来年度より「ブランディング杯」はSBC公認競技会として別日程での開催を予定致しております。
ブランディング杯の予選会日程等につきましては近々概要を発表致します。

予選会 期日前会場

ホソミーファクトリー
東京都墨田区吾妻橋2-1-13 ハイツ15 1F

東京都墨田区吾妻橋2-1-13

複数名(5名以上)で予選参加の場合、日程調整後、審査員2名が伺い、予選会を個別に行うことも可能。

予選参加申し込みについて

以下の予選参加申込書をメール、Fax、郵送もしくは事前確認の上、ご持参ください。

[申し込み、問い合わせ先]
SBCすみだ下町ブリューワーズカップ実行委員会 競技会運営部
〒130-0001
東京都墨田区吾妻橋2-1-13 ハイツ15 1F(ホソミ-ファクトリー内)
TEL. 070-6423-2159
FAX. 047-341-8231
E-mail. sbc_offcial_a_rfr@willcom.com

[参加申し込み書]
2017SBC参加申し込み書.pdf